読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO×SKE×AKBおもしろコラム!

SKE48やAKB48、AKBグループ、SEO対策、その他様々なコラムのブログです。

SKE48松村香織が友人の結婚式に出席「二次会に参加が出来なかったわたしはいまだに後悔しています」

f:id:omoshirosoccer:20170111072226p:plain

SKE48松村香織が学生時代の友人の結婚式に出席し、感想をSNSで語りました。 ブログで松村さんは過去成人式についてや、結婚式の二次会に参加できなかった事などを綴っています。

2017.01.09 23:44
すごく懐かしい写真とともに。。。来年はまた一緒にお仕事出 来ますように。。。
今日は成人の日。 新成人のみなさん おめでとうございます。 成人式は悲しくて悔しい 想い出しかありません。 この話はいつか卒業する時に 話したいな(笑) 一生、根に持つ事案です(^o^)   そうそう わたしの時代はまだ AKBグループでやっているやつ 強制参加じゃなかったんですよー なつかしい。。。
メンバーのみんなや みなさんは成人式や二次会には 参加出来たのかしら? とある事情で 二次会に参加が 出来なかったわたしは いまだに後悔しています。 小学校や中学の友達なんて この機会を逃すと ほぼほぼ会わないし 会えなくなる。 仕事で地方に行く人もいるし 海外に行く人もいるし。 学校で特別イケイケ だったわけじゃないし 友達も多くなかったけれど やっぱり行くべきだったと 毎年毎年成人式シーズンに なると思うのよ。 今もあの時のことを 思い出しながら書いている。 成人式は 一生に一度しかないの! 後悔しない 人生を送ってほしいな。 満足出来なかった わたしからの独り言でした。
かおたん。
(SKE48公式ブログ | 松村香織 より) http://www2.ske48.co.jp/blog_pc/detail/?writer=matsumura_kaori

このように気持ちを語っています。成人式に参加できなかった事を悔やんでいる様子が伺えます。 一方、ツイッターでは友人の結婚式について写真つきで投稿しています。

初めてお友達の挙式と披露宴というものにやっと参加することが出来ました ブーケはゲット出来なかったけど、幸せをもらってきたよ わたしはいつになるかしら 式にファンの人を呼んだらお祝儀だけでかなり儲かりそう
#結婚式
(松村香織公式ツイッター より) https://twitter.com/kaotan_0117/status/817766044072714240

『式にファンの人を呼んだらお祝儀だけでかなり儲かりそう』 と、松村さんらしい冗談も交えつつ、結婚式の様子を伝えています。 やはり結婚式、そして結婚式の二次会と言うのは幸せの場であり、楽しいイベントです。

仕事などの事情とはいえ、二次会に参加できなかったのは悔しいと思います。

[関連リンク]

格安結婚式のスマ婚 

smakon.jp

結婚式二次会サイト「2次会くん」 

2jikaikun.com

結婚式二次会メディア「2次会ウォッチ」 http://2jikaikun.com/2jikai/

SKE握手会会場で倒れて意識不明…会場スタッフに助けられた体験談

f:id:omoshirosoccer:20170108231317p:plain

SKE48の「握手会」で私が実際に体験したことを書きたいと思います。 2013年2月9日、パシフィコ横浜で行われた SKE48チョコの奴隷」個別握手会での話です。 私はこの日の握手会の、松井玲奈さん(※当時SKE48のメンバー)の握手券を持っていましたのでパシフィコ横浜の会場に行きました。一人で会場に到着し、荷物検査を受け、会場の中に入りました。 「到着した、さあこれから…」と思った次の記憶は「暗闇で物凄く人に呼び掛けられている」というものでした。 目を開けるとその人に「名前言える?」など色々質問されました。 一応私が「私」であることはわかりました。ですが状況は理解できませんでした。この場所は救急車の中で、救助してくれた人によると、どうやら私は倒れたらしい、とのこと。 ですが私は「自分がいつどのように倒れたか」は記憶にありませんでした。

…という事は「になっていた」という事です。 その後私はみなとみらいにある救急病院に運ばれました。ですが意識が回復して暫くすると、大丈夫と判断され、帰って良いと言われました。

私は訳がわからないまま、再びパシフィコ横浜に戻ってきました。到着から意外と経過しておらず、まだ握手会に参加できる状況だったのです。

会場の入り口の所は人が少く、ふらふらしていた所、あるスタッフが目につきました。自分に何が起こったか知りたくて「さっき私、ここで倒れたみたいなんですが…」と聞いたら「知ってますよ、大丈夫ですか?」と声をかけて下さいました。ごく普通のバイトらしきスタッフさんが、たまたま私の倒れた事を知っていたようです。 細かい話は覚えてませんが、持っていた握手券を見せると、スタッフさんは私を誘導してくれました。訳もわからずついて行くと、レーンの向こう側の、メンバーやスタッフの往き来するエリアに入れてくれ、松井玲奈さんのレーンの所まで連れて来てくれました。

そして、私が立っていると並んでいるファン方々を一旦止めて、私は松井玲奈さんの前に誘導されました。

つまり、松井玲奈さんの握手に横入りさせて頂いたのです。 私は松井玲奈さんに「さっき倒れてしまって…」 と言うと松井玲奈さんは「倒れちゃったんですか~」と言ってくれました。

そして握手を終え、レーンを出ると、そのスタッフさんは見当たりませんでした。ちなみに、なぜか肩が痛いな…と思って後日医者に行ったら、肩を骨折していました。念のため脳の検査も受けましたが、少しおかしな数値はあったものの、重大な病気では無いという事でした。そしてこれ以降倒れた事は現在までありません。

 

私は実際、どなたに助けて頂いたかわかりません。倒れたのを発見してくれて方、救急車を呼んでくれた方、会場の整理などをしてくれた方、そしてそのスタッフさん。 別に横入りさせてくれたから嬉しいという訳ではなく、友達もいない会場で私に声をかけてくれ、本来しなくても良いような対応をしてくださった事に感動しました。

 

誰にも何も言えずにいたのですが、2017年1月7日のAKB握手会「支配人部屋」でSKE48の湯浅支配人とお話する機会がありましたので、この話をしました。

湯浅さんは「普段スタッフが感謝されること無いからね(笑)」などと言いつつ「そういう気持ちが大切だよね」と言って下さいました。

 

一つ疑問なのはそのスタッフさんが警備の上の方という感じではなく普通のアルバイトスタッフのような若い兄ちゃんだったということです。ただのバイトスタッフに、超人気メンバーである松井玲奈さんの握手を中断させて横入りさせる権限なんてあるのか?ということです。推測ですが、このスタッフさんの独断なのかもしれません。もしくは、スタッフの間で私が倒れたという情報が回っていて、ある程度配慮してくれたのかもしれません。

 

以前、AKBの握手会が襲われた時に、メンバーを助けたスタッフの方がいたそという事で話題になりました。 世間からは叩かれたり、ファンからは苦情を言われたりされがちな「AKBグループの握手会」ですが、このようなスタッフさんもいるのです。

f:id:omoshirosoccer:20170108231122j:plain

写真=SKE48湯浅支配人のサイン

ガンプラあるある その1・・・「途中で作るのに飽きて放置」「部品が余る」

f:id:omoshirosoccer:20161221210400j:plain

親や親戚からのプレゼントでばったもんを貰う
#ガンプラあるある

完成したのに部品が余る
#ガンプラあるある

途中で作るのに飽きて放置
#ガンプラあるある

ガンプラで、アニメに出ていない、だけどばったもんじゃなくて公式のモビルスーツが発売されて意味がわからなかった
#ガンプラあるある

ガンプラで「武器セット」が抱きあわせで販売される
#ガンプラあるある

ガンプラのジオラマなどで、土の感じとか、かっこよくしようとして、ただ汚して終わ
#ガンプラあるある

パテでオリジナルの武器を作ろうとするが失敗して無駄にする
#ガンプラあるある

 

作りながらガンダムの名言を言う
例「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」
#ガンプラあるある
#ガンダムあるある

母親が掃除をしてて飾ってあるガンプラを壊す
#ガンプラあるある

母親が悪いとおもって買ってきたガンプラがパチもんで息子、さらに激怒
#ガンプラあるある

貧乏でガンダムカラーが買えない
#ガンプラあるある

色を説明する時、ガンダムカラーで例える
#ガンプラあるある

買ったはいいが、作らずに放置
#ガンプラあるある

ニッパーとかないので手でちぎって、ちぎれたプラがついている
#ガンプラあるある

すぐ部品を無くす
#ガンプラあるある

なんでも赤く塗って「シャア専用」だと言い張る
#ガンプラあるある

プラモ屋の手造り福袋、開けたら中身は武器セット…
#ガンプラあるある

間違えて部品をはめてしまい、どうやっても取れなくなる。最終的には外そうとして壊す
#ガンプラあるある

細かい部分を間違えてニッパーで切り落としてしまう
#ガンプラあるある

学校の美術の授業にガンダムカラー持ってくるやつ
#ガンプラあるある

ガンダムカラー、買ったはいいが、ほとんど使わない色…
#ガンプラあるある

2016年の現在、もはやパチもんのほうが欲しい
#ガンプラあるある

5日で退社した会社が給料未払い!貰えるか?体験談その1

f:id:omoshirosoccer:20161221164215j:plain

知り合いのA氏が、「入社して都合により5日で退社した会社から今だに給料を貰えていない」そうです。
そこで、実際にそういった会社から現実的に貰うことが出来るのかを追ってみる事にしました。

■まずはA氏が入社した経緯を紹介します。

■入社するまで
A氏は2007年10月に「B社」という、会社の入社試験(面接)を受けました。
B社はインターネット広告やモバイル広告などの営業をしている会社ですが、自社でモバイルサイトを作成する部署を立ち上げたので、その部署でサイト製作を行う社員を募集していました。A氏はサイト製作の経験は浅く、簡単なHTMLが書ける程度だったものの、サイト製作の仕事をしたかったとの事で「サイト製作」系の求人を多数受けては、その経験の浅さで不採用になっていました。
ちなみに、2008年末から「派遣切り」などと言われだしましたが、Aさんは2006年頃から派遣での仕事の面接を受けても「不採用」が続いていました。
そんな中、B社の面接を受けたA氏。面接官はCという女性の正社員で、簡単に部署の説明をしたあと、
「やる気はありますか?」と言ったそうです。
そこでA氏は
「経験が浅く知識もないのでご迷惑をお掛けするかも知れませんが、一生懸命やります」と答えた所、少しいらいらした様子で
「そうじゃなくて、やる気はあるんですか?」
と言ったそうです。
A氏としては後で「なんでできないの?」などと言われないように正直に経験の浅さ、スキルの無さを説明したのですが、らちがあかないと思い、
「あります!」と答えました。
すると、話は良い方向に進み、その場で「採用」っぽい雰囲気になりました。
そして、翌日、以下のような採用連絡のメールが来ました。
--------------------------------------------------------
2007年10月4日 16:50

A 様

B株式会社
Cです。

昨日は面接お疲れさまでした。

ご連絡させていただきましたのは、採用のご連絡でございます。
詳細をお話させていただきたいので、ご連絡いただければ幸いです。
ご連絡をお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------
Aさんは入社させていただくという返事を書き、入社となりました。
そして入社当日を迎えました。
そこでAさんは、少し意外な会社の様子を目の当たりにしました。

(その2へつづく)

「一体、何だったんだ」電車の中での体験

f:id:omoshirosoccer:20161221164215j:plain

その日、私は仕事の面接に行くために、電車に乗っていた。朝から雨が降り、肌寒い日だった。平日の午後だったので、車内は空いていたので、私は座席に座り、右側の手すりに傘を引っ掛けた。

 しばらくすると、電車は駅に到着し、人が乗り込んできた。私の隣の席にも人が座った。年配の男性だった。瞬間的に自分は、「ホームレスの人だ」と思った。

 髪も髭も伸ばしっぱなしのように長く、服も、皮膚もうす汚れているように感じがした。紙袋を持っていて、しばらく風呂に入っていないのだろう、わずかながら異臭を放っていた。

 その風貌は、どうみても、「ホームレスの人」であった。その男性は、特に何をするでもなく、おとなしく座っていた。

 しかし、私は、何か嫌な感じがしたのと、「臭いに弱い」ために、座席を変えたいと思い、立ち上がり歩き始めた。

 露骨にならないように、2両先まで歩いて行き、なんだかもう他人とは関りたくない気分になったので、開かないほうのドアの前に立ち、ずっと外を見ていた。頭の中は、これから行われる面接の事で一杯になった。

 仕事を辞めてもう1カ月近く経っているので、「そろそろ決めないとやばい」と思っていたが、年齢も30になり、アルバイトを転々とした職歴の自分には、就職は難しかった。だんだんと「自分はどこも受からないのでは? 」と思い不安になった。

 入りたい会社には、全く採用されない。だからといってどんな仕事でもできるわけじゃない。となると、自分はホームレスになるのだろうなと思っていた。しかし、ここは前向きにならなくてはいけないと、面接ではできるだけきちんとしよう、と思って自己紹介や言葉遣いなどをシミュレーションしていた。

 そんな中、なんとなく、自分の後ろに人の気配を感じた。そういえば、数分前から気配を感じていた事を思い出した。電車が混雑してきたのかな? と思い、その人と目が合わないように、目線をずらして、少しだけ見てみた。

 自分の真後ろには、さっきの「ホームレスの人」が立っていた。瞬間的に私は固まってしまった。

 恐ろしくて、ちゃんと見れないが、隣に座っていた「ホームレスの人」だ。しかも、座席の手すり(棒)につかまり、私を囲むように立っていて、ちゃんとは見ていないが、じっとこちらを見ているように感じた。

 私は「なぜ? 」と思い、いろいろ考えた。

 「ホームレスの人」が、隣に座って2、3分で、私が席を立ったことが不快だったかもしれない。でも一度も「ホームレスの人」の方を見ていないし、当然嫌な顔、動きは一切見せていない。しかも、2両先に移動していて、その座席からは見えない位置にいる。

 仮にその「ホームレスの人」も偶然席移動してここまで来たとして、なぜ自分の真後ろに、しかも私を囲むように立つのか? どうみても、私に対して何かあるような状況だ。

 恐ろしくなった私は、次の駅に止まると、目的の駅ではないが無我夢中で降り、走ってその車両から遠ざかり、ホームレスの人が追って来ない事、その電車が発車した事を確認し、一息ついた。

 「恐ろしい体験をした……しかし、助かった……一体、何だったんだ? 」

と思い、だんだんと冷静になってきて、ひとつの事に気づいた。

 「傘忘れた! 」

 その直後、ひとつ仮説が浮かんだ。

 「あの人は、傘を届けに来てくれたのかもしれない! 」

 「ホームレスの人」は何か持っていたが、恐ろしくてよく見られなかったし、自分の紙袋だけだったかもしれない。それに、何も声かけて来なかった。

 この出来事は、考え方によっては全然違う話になってしまいます。しかし、結局、よく考えても何だったのか、未だにわかりません。

 

[ツカサネット新聞 掲載記事]文章/絵:白石ニョッキー

 

電車内で1000円を要求されました

f:id:omoshirosoccer:20161221164215j:plain

その事件は朝、会社に向かう電車の中で起きました。
私は座席の棒につかまり、イヤフォンをして音楽を聴きながらぼ~っと立って、うつらうつらとしていました。
ふと見ると、右隣には三人の人がつり皮に捕まっていました。

ぼんやりとしていると、2人おいて一番右端の、ヘッドフォンをした若い女性に、男性が声をかけているのが視界に入りました。
私は彼氏か何かと思い、見ないように、眠りに入る事にしました。
目をつむって数十秒が経過した時、
「トントン」
と、私の右肩あたりを叩かれました。
明らかに私を呼んでいる感じだと察知し、右のイヤフォンを取り右後に振り向きました。すると、男性が私を見て、こう言いました。

『すいません、1000円持ってませんか』

これに対して私は0.5秒後に即答で

『持ってません』
と答えていました。
瞬間的に、「こんな貧乏な自分に対して金をせがむとは何事だ!」
と“体が”反応し、答えてしまっていました。

そして、男性が私に何も言って来ないのを瞬時に察知し、再び目を閉じ
眠りに入りました。
それと同時にいろいろな事を考えました。

その男性は、先ほど一番右端の、ヘッドフォンをした若い女性に声をかけていた女性でした。そしてその風貌は、背が高く痩せ型で、髪を染め立てていて、ちょっと怖い風貌でした。

ですからその男性がヘッドフォンをした若い女性に声をかけていた時にも、「1000円持ってませんか」と聞いていたのだと思われます。そして断られ、私に聞いてきたのだと気づきました。

再び周囲を見ると、男性は消えていました。
断っても何も無かったから良かったのですが、
もし男性がもし危険な人物だったらと思うと怖くなりました。
なぜなら私は、仮に男性にナイフとつきつけられていたとしても、“体が反応して“
断っていたと思うからです。
私は気の小さい人間なので、脅されれば屈してしまいがちなのですが、数十年の貧乏生活によって、強盗に対しては瞬間的に怒りが起きてしまうようです。
今回、意識とは別に口が勝手に「持ってません」言っていました。

しかし、男性の目的は何だったのでしょうか?
電車賃が無いなら、もっといい聞き方、頼み方があるだろうし、職員の方や警察の方に頼めばいいと思います。
恐喝だとした場合、ちょっと断られたくらいで何も言わず立ち去る、というのがよく解りません。

それと、なぜ私を選んだのかも気になります。若い女性はわかりますが、大勢いる中、なぜ30過ぎの男、しかもイヤフォンをして目を閉じている私に声をかけたのか・・。
マフラーをして私の「悪い人相」が半分隠れ、優しく見えたのでしょうか(笑)

この男性は「不審者」なのでしょうか?微妙です。ただ、「ナゾの行動」であることは間違いないです。
このあと、彼はどうしたのでしょうか?
気になります。

[ツカサネット新聞 掲載記事]文章/絵:白石ニョッキー

においも電車のマナー違反?その2

f:id:omoshirosoccer:20161221164215j:plain

知られざる恐怖!人事ではなく、私も「加害者」になりうる問題です。

私は日常、通勤などで電車に乗っていて、いつも思うことがあります。
電車では、アナウンスで「携帯電話の電源を切る」呼びかけをしていますね。
たしかに、電話で話されるのは迷惑ですし、医療機器に影響を与えてしまったりしたら大変な事ですので、注意が必要です。
それから、「痴漢防止の呼びかけ」もありますね。「女性専用車両」もあります。
痴漢は犯罪です。当然、注意が必要です。
それから、お年寄りや身体の弱い方、妊娠している方の為に「優先席」があります。
これも、立っているのが辛い方もいらっしゃるので、よい事だと思います。

ただ、私が一番辛い問題に対して、対策も、注意の呼びかけも何もありません。

その問題とは、『臭い』です。

主に中年以降の男性から発せられる、体臭と口臭です。
私は少し人より臭いに敏感なのかも知れませんが、これが非常に辛いです。恐ろしいです。
こういった悪臭を嗅ぐと、本当に気持ちが悪くなってしまいます。ゲロ吐きます。
あまりに辛いので、普段は遭遇したら、次の駅で一旦降りて、別の車両に乗り換えたりしています。

臭いが辛いと感じているのは、決して私だけではないはずです。
たまに女性で、鼻と口にハンカチを当てて辛そうな表情をしている人を見かけます。
おそらく、原因は臭いでしょう。
「自分も辛い!」と思う方は、一票入れてください。

このような、悪の権化である「悪臭」に対して、なんら対策がなされていない事に、非常に憤りを感じます
・・・・といいつつ、なぜ、そうなのかは自分でわかっています。
まずひとつは『特定ができないから』です。
見た目で臭いはわかりませんからね。。
痴漢であれば、触っている所を押さえればはっきりしますが、臭いはそうはいきません。
そしてふたつめは、『臭いは犯罪じゃないから』
これは決定的です。つまり「どれだけ臭くても、です。全く犯罪ではない」という事です。
もしかしたら、過去になんらかの判例があるかも知れませんが、一般的には犯罪ではありません。

こういう事ですから、どうしようもないとは思います。
でも、だからといって、容認するわけにはいきません。
「臭い」というのは、れっきとした『守るべきマナー』であると思います。

せめてアナウンスで、
『各自自分の体臭・口臭を確認いただくようお願いします。そして臭いのきつい人は、恥を知りましょう』
とか、
『臭くてももうしばらくの辛抱です。がんばりましょう』
とか、そのくらいは言ってほしいものです。

言いたい放題書いて来ましたが、そんな私も、もうすぐ中年です。
いつ自分が臭くなるのかわかりません。口臭なんかは、既に臭い日があったかも知れません。
これからは一層、「防臭」に努めなければならない、と気を引き締めたいと思います。

 

SEO×SKEおもしろコラム!