SEO×SKE×AKBおもしろコラム!

SKE48やAKB48、AKBグループ、SEO対策、その他様々なコラムのブログです。

「一体、何だったんだ」電車の中での体験

f:id:omoshirosoccer:20161221164215j:plain

その日、私は仕事の面接に行くために、電車に乗っていた。朝から雨が降り、肌寒い日だった。平日の午後だったので、車内は空いていたので、私は座席に座り、右側の手すりに傘を引っ掛けた。

 しばらくすると、電車は駅に到着し、人が乗り込んできた。私の隣の席にも人が座った。年配の男性だった。瞬間的に自分は、「ホームレスの人だ」と思った。

 髪も髭も伸ばしっぱなしのように長く、服も、皮膚もうす汚れているように感じがした。紙袋を持っていて、しばらく風呂に入っていないのだろう、わずかながら異臭を放っていた。

 その風貌は、どうみても、「ホームレスの人」であった。その男性は、特に何をするでもなく、おとなしく座っていた。

 しかし、私は、何か嫌な感じがしたのと、「臭いに弱い」ために、座席を変えたいと思い、立ち上がり歩き始めた。

 露骨にならないように、2両先まで歩いて行き、なんだかもう他人とは関りたくない気分になったので、開かないほうのドアの前に立ち、ずっと外を見ていた。頭の中は、これから行われる面接の事で一杯になった。

 仕事を辞めてもう1カ月近く経っているので、「そろそろ決めないとやばい」と思っていたが、年齢も30になり、アルバイトを転々とした職歴の自分には、就職は難しかった。だんだんと「自分はどこも受からないのでは? 」と思い不安になった。

 入りたい会社には、全く採用されない。だからといってどんな仕事でもできるわけじゃない。となると、自分はホームレスになるのだろうなと思っていた。しかし、ここは前向きにならなくてはいけないと、面接ではできるだけきちんとしよう、と思って自己紹介や言葉遣いなどをシミュレーションしていた。

 そんな中、なんとなく、自分の後ろに人の気配を感じた。そういえば、数分前から気配を感じていた事を思い出した。電車が混雑してきたのかな? と思い、その人と目が合わないように、目線をずらして、少しだけ見てみた。

 自分の真後ろには、さっきの「ホームレスの人」が立っていた。瞬間的に私は固まってしまった。

 恐ろしくて、ちゃんと見れないが、隣に座っていた「ホームレスの人」だ。しかも、座席の手すり(棒)につかまり、私を囲むように立っていて、ちゃんとは見ていないが、じっとこちらを見ているように感じた。

 私は「なぜ? 」と思い、いろいろ考えた。

 「ホームレスの人」が、隣に座って2、3分で、私が席を立ったことが不快だったかもしれない。でも一度も「ホームレスの人」の方を見ていないし、当然嫌な顔、動きは一切見せていない。しかも、2両先に移動していて、その座席からは見えない位置にいる。

 仮にその「ホームレスの人」も偶然席移動してここまで来たとして、なぜ自分の真後ろに、しかも私を囲むように立つのか? どうみても、私に対して何かあるような状況だ。

 恐ろしくなった私は、次の駅に止まると、目的の駅ではないが無我夢中で降り、走ってその車両から遠ざかり、ホームレスの人が追って来ない事、その電車が発車した事を確認し、一息ついた。

 「恐ろしい体験をした……しかし、助かった……一体、何だったんだ? 」

と思い、だんだんと冷静になってきて、ひとつの事に気づいた。

 「傘忘れた! 」

 その直後、ひとつ仮説が浮かんだ。

 「あの人は、傘を届けに来てくれたのかもしれない! 」

 「ホームレスの人」は何か持っていたが、恐ろしくてよく見られなかったし、自分の紙袋だけだったかもしれない。それに、何も声かけて来なかった。

 この出来事は、考え方によっては全然違う話になってしまいます。しかし、結局、よく考えても何だったのか、未だにわかりません。

 

[ツカサネット新聞 掲載記事]文章/絵:白石ニョッキー

 

SEO×SKEおもしろコラム!