読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO×SKE×AKBおもしろコラム!

SKE48やAKB48、AKBグループ、SEO対策、その他様々なコラムのブログです。

AKB48がいまだに「秋葉原48」と言われる事を気にしている件…ソースを表示!

2014.04.04 14:38

AKB48は、最初は「秋葉原48プロジェクト」と呼ばれていて、AKB48としてデビューしたての頃は 「秋葉原48」「アキバ48」などと呼ばれていた事もあったそうです。

[資料]Yahoo!知恵袋

AKB48はその数年後大ブレイクを果たし、今では「AKB」を「エーケービー」と読むのは多くの人にとって当たり前になっています。 しかし、AKB48公式サイトは、いまだに「秋葉原48」を呼ばれることについて意識しているようです。

[資料]AKB48公式サイト のソースを見てみると・・・。

f:id:omoshirosoccer:20160715142810j:plain

AKB公式ソース2014/4/4

 

「meta name="Keywords" content="AKB48,AKIHABARA48,秋葉原48"」 という表記があります!! 「meta name="Keywords" content="○○"」 というタグの役割は、このサイト(ページ)は、「○○」について書かれていたページですよ、と検索エンジンに伝える役割があります。 数年前まではSEOのテクニックとして使われていました。

ここに入れたキーワードで検索された時に、上位表示されやすくなっていたのです。

しかし現在では、SEOへの影響が無くなっています。

このタグ記述を解釈すると、サイト作成時に「『AKB48』か『AKIHABARA48』か『秋葉原48』と検索された時にこのサイトが上位表示されたい」 と考えたのだと推測されます。 推測するとサイトを立ち上げた時かたこのタグの記述を変えていないのだと思います。 もしそうなら「アキハバラ48」とか「アキバ48」というワードも入れておけばよかったのに・・・。 すっかりAKBという名前が浸透した現在、『AKIHABARA48』か『秋葉原48』はもう意識する必要は無いかと思いますが・・・ まあ、書いても何の不都合も無いんですけどね。

【引用サイト】おもしろサッカーSEO対策!

SEO×SKEおもしろコラム!